心地よく暮らせるインテリアコーディネートについて

自宅の部屋の模様替えを色々してみたがしっくりこないという人や、センスのよいインテリアコーディネートをしたいけれど、どうやれば上手くいくのかわからないという人は意外に多いのではないでしょうか。
快適なお部屋の空間作りには、いくつかのポイントがあります。
まず、一番の基本として、部屋の中に必要以上に物があふれていては、なかなか快適な空間は望めません。
不要なものはできるだけ処分し、空間的余裕をもうけることが大切です。
次に、どうしても室内が乱雑な雰囲気になりがちな方は、家具など全体的な色のトーンを統一することからはじめましょう。
中でも失敗が少ないのはやはり白を中心としたモノトーンです。
床の色やソファなどの大きめの家具を白にすると部屋を広く見せることができます。
白い空間の中ではテレビなどの黒色はアクセントになって、散漫な印象も避けられます。
観葉植物などのグリーンがもっとも映えるのも、白い空間です。
よりスタイリッシュなトーンが好みであれば、カーテンではなくブラインドで統一するのもおすすめです。
カラーはもちろん白です。
ただし注意したいのは、一口に白色といっても様々な種類の白があるということです。
特に生成りがかった黄色味の強すぎる白とグレートーンの白が混在するとかえって汚く見えてしまうので、できるだけ同じトーンの白を選んでコーディネートする必要があります。
インテリアコーディネートをさらに勉強して上級を目指すなら、インテリア雑誌などで、数多くの事例を見て参考にしたり、実際にインテリアショップに出かけて、お店のコーディネートを直に見るのがよいでしょう。
その際に、自分の部屋の空間サイズを事前によく把握し、参考例がそのサイズに適しているかどうか検証することが大切です。
また、あくまでも自分にとって心地よい空間であることがポイントなので、参考例をそっくりそのまま真似するのではなく、自分なりに個性を出してみることも必要です。